Cy-Pi

自転車のこと。たまにラズパイのこと。

RaspberryPi3ModelBインストール

Raspberry Pi 3 Model B のインストールから初期設定までの作業メモです。

SDカード準備

  • SD Formatter 4.0でフォーマットする。(クイックで構わない)
  • NOOBSを展開してSDに入れる
    • 「NOOBS_v_2_4_0」フォルダではなく、その中身をSD直下に置く。

インストール

  • SDカードを本体にセットして電源を接続する。
  • 言語は日本語に(何でもいいけど)
  • Raspbian with PIXELにチェック。
  • 左上、インストールをクリックしてしばらく待つ。

その他設定

正確にはインストールではないですが、流れでやっておきたいことなので、ここに書いておきます。

  • Raspberry Piの設定
    • ロケール:多分そのままでいい
      • 言語:ja (japanese)
      • 国:JP (Japan)
      • 文字セット:UTF-8
    • タイムゾーン:お好みで
    • キーボード:
      • Country:日本
      • Variant:日本語
    • 無線LANの国設定
      • 国:JP Japan
  • wifi設定
    • 右上にwifi設定アイコンをクリックして任意のアクセスポイントを選択・パスワードを入力する
  • rootパスワード変更
sudo passwd root
//変えなくても良いみたい
//初期状態(sudo kate /etc/shadowで"*"となっている場合)はログイン不可
  • piのパスワード変更
passwd pi

日本語環境 fcitx-mozcをインストール

  • とりあえずアップデート
sudo apt-get update
  • fcitxをインストール
sudo apt-get install fcitx-mozc -y
//yで後の[Y/n]確認を先にしておく
  • 入力メソッドを設定
im-config -n fcitx
  • 再起動
reboot
  • 通りの操作が済んだら、右上に「キーボード」または「あ」のアイコンが追加されているはず。

samba

  • インストール
//インストールして、
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install samba
//確認!
smbd -V
Version 4.1.17-Debian
  • 設定を追記します。
sudo vim /etc/samba/smb.conf
//末尾に追記
[pi]
comment = Raspberry Pi
path = /home/pi
guest ok = yes
read only = no
public = yes
browsable = yes
force user = pi
  • sambaを再起動します。
$ sudo service smbd restart
$ sudo service nmbd restart
//こんな感じ
\\xxx.xxx.xxx.xxx

windowsからssh接続する環境

  • Windows側の準備
    • Tera Termのインストール Tera Term Project Top Page - OSDN

    • X-mingのインストール X window forwardingで窓を飛ばすのに使用

    • (Option) atom + remote-FTP ドキュメントをwindows側から編集できるけど、使い勝手がイマイチ悪い。。。atomだけで完結できないか模索中 とりあえずremote-FTPの設定は下記のようにすればつながる。 なぜかdefaultの.ftpconfigを編集して接続を試みてもうまくいかなかった。いらなさそうなものを削って繋がったのが下記。

{
    "protocol": "sftp",
    "host": "<IP Address>",
    "port": デフォルトは22(ダブルコーテーション不要),
    "user": "<User Name>",
    "pass": "<Password>",
    "remote": "/",
    "connTimeout": 10000,
    "pasvTimeout": 10000,
    "keepalive": 10000,
    "watch": [],
    "watchTimeout": 500
}
  • ラズパイ側の準備
    • sshオプション設定
      • sudo raspi-config
> 5 Interfacing Options > P2 SSH > YES
  • 固定IPを設定する /etc/dhcpcd.conf を変更する
interface wlan0
static ip_address=192.168.N.M/L
static routers=192.168.N.1
static domain_name_servers=192.168.N.1
//なんでこうするかはよく知らない
  • X11-appsのインストール 接続テストにxeyesを使いたいため
sudo apt-get install X11-apps
  • 疎通確認
    • X-mingでXserverを起動しておく
    • Tera Termで新しい接続を開始 →プロンプトが表示されたらssh接続は成功
    • xeyesで目玉が飛んできたらwindow forwardingまで成功

Raspberry Piの起動を確認できるように小細工

  • /boot/config.txt に追記
dtparam=act_led_trigger=heartbeat
  • reboot すると、起動中は緑LEDが鼓動する

rootパスワードの設定

su できないと何かあれなので

sudo passwd root

以上おわり。