Cy-Pi

自転車のこと。たまにラズパイのこと。

クロスバイクのvブレーキをキャリパー化しようとしてあきらめた話

ESCAPE RX3をドロハン化して以来、標準装備のVブレーキキャリパーブレーキに換装したい衝動が周期的にやってくる。

ブレーキシューの調整をしたりブレーキワイヤーの交換をしたりして手が汚れると、 キャリパーだったらもう少しスマートに作業ができるのでは?と気持ちが揺らいでしまう。 そもそも手が汚れるのを気にしていては自転車なんていじってられないのだけど。

これから書くのは、換装する気満々で調べていったところ、結局あきらめましたよという話。

どうしてVブレーキじゃイヤなのか?

  • 調整が難しい(リムの金属じゃない部分をゴリゴリやってしまった)
  • 見た目のクロスバイク

調整についてはケーブルアジャスターの導入でずいぶん楽になった。

シマノ SM-CA70 ケーブルアジャスター アルミ 1ペア(2個入り) シフト用 ISMCA70P

なぜキャリパーブレーキがいいか?

  • よりロードバイクっぽくなる
  • 調整が簡単そう
  • クイックリリースが便利(そうに見える)

結局あきらめた

最初に書いている通り、キャリパーブレーキに変えたい理由は単に自転車をいじりたい"衝動"であって、何か機能的なメリットがあってのことではない。 ロードっぽいというのも、別にロードに乗りたいわけじゃないし。

実際にVブレーキキャリパーブレーキに換装したという記事は沢山あるけれど、皆さんホムセンで調達した金具を利用したり、ダボ穴を拡張工事したりと工夫を凝らして実現しているようだ。そして書き方は違えど、どの記事を見ても少なからず”強度”のことを心配している節がある。

RX3をドロハン化したときに「ブレーキレバーをSTIに換装するとワイヤーの引き量が変わる」ことにも同じような不安を覚えたけれど、 ショートリーチのVブレーキならば引けるという情報は自分なりにも納得できたので実行した。

今回のキャリパー化については、十分な制動力を得られ、かつ、耐久性に問題のない魔改造を自分の腕ではできないと判断したので、結局あきらめることにした。

Vブレーキでもいいじゃないという話

また衝動が襲ってきたときのためにVブレーキであることを前向きに捉えてみる。

  • 制動力はVブレーキのほうが大きい、悪天候でもがんばれる
  • 見た目?整備されてないキャリパーのほうがよほどみっともないみっともない
  • クイックリリース?バナナで外せよ
  • 調整が難しいのはシューチューナーで解決できるじゃないか

【送料無料】【定形外郵便】GORIX ゴリックス ブレーキシュー調整 ブレーキシュー チューナーGX-8020(ロゴ無し) ポイント消化

これだけ書いとけばもう迷わないだろうか。